仮想データ統合ソリューション Agra Vシリーズ 社内外に散在する”眠っているデータ””使えないデータ”を仮想的に統合。経営資源となる”価値あるデータ”を生成し、容易に利用できる環境を構築します。

製品概要

企業がこれまで蓄積してきた様々な情報の活用は、
業種や業務を問わず、重要かつ不可避のテーマであることが認識され、
システムやデータの統合が検討されるようになってきました。
しかし、時間やコスト、既存のシステムやオペレーションへの影響など、
解決しなければならない課題も多く、
Agra Vシリーズは、従来とは異なる技術とアプローチで、
仮想データ統合を実現するソリューションです。
その違いは、ユーザー部門の方にも、IT部門の方にも、アドバンテージとなるものです。

Agra Vシリーズは…

  • 社内外の情報を対象に、必要なデータを必要なとき、
    自分の言葉で取り出して活用できる環境を構築します。
  • データベースやネットワークなど、既存のシステムやオペレーションの変更は不要。
    短期間・低コストの導入を可能にします。
  • ERP、BI、ETLなど、既存のシステムやツールとは異なる仮想技術で、データ統合を実現します。
  • 人の考えでデータをつなぐ技術「論物三層構造(特許:第5281354)」がベースになっています。
  • 「論物三層構造」を実現する「セマンティック」「オントロジー」など、
    各種先進技術を適用しています。
  • 統合=全体最適という概念にとらわれず、
    基幹システムのデータを個別最適のまま統合し、短期間での見える化を実現します。
Agra Vシリーズ システムイメージ
《Agra Vシリーズの詳しい情報はこちら》
資料請求/お問い合わせ
上へ戻る