仮想データ統合ソリューション Agra Vシリーズ 社内外に散在する”眠っているデータ””使えないデータ”を仮想的に統合。経営資源となる”価値あるデータ”を生成し、容易に利用できる環境を構築します。

導入効果

Agra Vシリーズは、データの統合から活用まで、IT部門からユーザー部門まで、
それぞれの様々な課題を解決し、確かな効果へ、ビジネスの成果へと結びつけていきます。

こんな課題を解決します。
  • 情報リソースの分散

    企業内でも部門ごとの個々のデータベースなどがあり、さらに外部の企業との連携、企業間の合併でも全体でデータリソースの種類、数は増大。

    主要なデータベースをサポートしており、これをソフトウェア内部でマッピング、統合することが可能です。
    マッピングルールに関しても、確認しながら作業を進めていけることで工数削減が可能です。

  • リソースの加工

    個々のリソースから取り出した情報は、他の情報と組み合わせ加工することで価値をもつが、扱いきれずに埋もれている。

    取り出した情報に関してもクレンジングや、SQLなどによる中間処理ソフトウェア内部で設定できることで「データ開発」の機能をもった統合が可能です。

  • 情報システムの統合

    企業の併合などでは現在稼働中のシステムが存在するが、止めることが難しく、統合データベースへの切り替えは莫大な作業工数を必要とする。

    異種リソースの統合と取り出したデータに関する加工を加え価値のあるデータ構造としたのち、外部のデータベースなどに直接出力できます。この機能により作業を段階的に確認しながら企業間のデータベースへの移行などを強力にサポートします。

  • アプリケーションとの協調

    アプリケーションでばらばらなデータを解析するには、事前処理がそれぞれで必要であり、解析ツールごとの設定を行う必要がある。

    アプリケーションは個々のリソースにアクセスする必要はなく、Agra Vシリーズの設定のみで、間接的にすべての情報にアクセスできます。また接続用ライブラリやツール、JDBCなどの標準的インターフェース機能を持っています。

こんな効果を発揮します。
  • 価値あるデータを容易に活用できる環境を構築

    収集の手間や手作業による加工を必要とせず、価値あるデータを生成。容易に活用できる環境をスピーディに構築できます。

  • IT部門の負担を大幅に削減

    既存システムの改修やカスタマイズを必要とせず、マスタやトランザクションデータに接続するだけで、自由にデータ加工・編集を行うことができます。

  • データ統合基盤を低コストで実現

    プログラミングによるデータ統合基盤構築より、はるかにロジックレス。短期間かつ低コストで実現することができます。また、仮想化により物理的に情報を保持しないため、ハードウェアの費用も提言されます。

資料請求/お問い合わせ
上へ戻る