AGRAフィロソフィー なぜAGRAは生まれたのか。なぜ仮想データ統合なのか。「データを経営資源に」という言葉にこめた想いは何か。AGRAの想いをお伝えいたします。

Big Dataブームの次にやってくる《データ利活用の日常化》

Big Dataという言葉が、様々なメディアで目につき、ビジネスの場で飛び交うようになりました。しかし、このブームともいえる状況は、決して長くは続かないと予想されています。これはデータの利活用というものが日常的な業務になり、特別な呼称や事象としての扱いが不要になるためです。
データの利活用は、マーケティングだけでなく、商品企画や、生産、販売、保守サポートなどへ拡大していきます。
そして、利益やコストの増減に直結する取り組みとして、優先度・重要度がますます高まっていきます。企業にとってデータの利活用は、生き残りのための必務。そんな時代が到来しつつあるのです。
究極的には企業のあらゆる判断が、データを利用したものになり、人工知能による判断も重要視されるようになれば、企業内だけでなく、交通、医療、化学、スポーツ、エンターテイメントなど、人の生活があらゆる場面から変化します。
ITの世界では、重要なインフラ資源がハードウェアからソフトウェアに移り、そしてインターネット、モバイルへと移行してきましたが、同じようなインパクトでデータそのものがITのインフラとしての課題になっていくでしょう。

Big Dataブームの次にやってくる《データ利活用の日常化》のイメージ
資料請求/お問い合わせ
上へ戻る