AGRAフィロソフィー なぜAGRAは生まれたのか。なぜ仮想データ統合なのか。「データを経営資源に」という言葉にこめた想いは何か。AGRAの想いをお伝えいたします。

人の手間・判断を要する《データ解析の課題》

データ活用へのプロセスを阻む、もう一つの課題がデータの解析です。

先述のBig Dataブームにおける主役は、インメモリーの高速検索ハードウェアなどです。しかし、実際のところ検索以前の問題として、データはそのままでは使い物にならない場合が多く、人力によるクレンジング作業が不可欠。専門職であるデータサイエンティストでさえ、その仕事の50%〜80%をクレンジングに費やすと言われるほどです。
さらに高度な解析を行う場合は、複数のデータソースを一意的にみる必要があり、データの呼称・粒度・言語・単位等の違いをどう吸収するかという非常に困難な問題に直面します。
これらの諸問題に対して、現在はソフトウェアの介在する余地は少なく、人の判断の積み重ねなしに解決することはできない半ば諦められている大きな課題となっています。

人の手間・判断を要する《データ解析の課題》のイメージ
資料請求/お問い合わせ
上へ戻る