AGRAフィロソフィー なぜAGRAは生まれたのか。なぜ仮想データ統合なのか。「データを経営資源に」という言葉にこめた想いは何か。AGRAの想いをお伝えいたします。

データを経営資源にする《Agra Vシリーズの進化》

“使えるデータ”は、「ヒト」「モノ」「カネ」に匹敵する第四の経営資源であり、企業にとって貴重な武器になるものです。Agra Vシリーズは、この“使えるデータ”を生成する技術であり、「データを経営資源に」するソリューションです。

Agra Vシリーズの進化は、これに留まるものではありません。将来的には、オンラインで情報基盤の中軸をつかさどり、情報システムの仮想統合を実現する製品を目指しています。
企業独自のレベルにまで特殊化されたモデルがあれば、次世代のシステムはそのモデルから設計されることになり、Agra Vシリーズにダイレクトに結合できるようになります。このサイクルが回ることで、企業の情報システムは、全体がAgra Vシリーズを中心に回すことが可能になります。

現在はもちろん、将来的にもお応えできる技術。それが、Agra Vシリーズです。
まずは、ぜひ、その機能や効果をご覧ください。

関連情報

データを経営資源にする《Agra Vシリーズの進化》のイメージ
資料請求/お問い合わせ
上へ戻る