ニュース、お知らせ、イベント/セミナー情報 一覧

【ニュースリリース】
Agra Vシリーズ新製品発売 〜仮想データ統合を実現するソフトウェア〜

2016年8月31日
アグラ株式会社

アグラ株式会社(本社:東京都新宿区新宿1−2−8国久ビル4階 代表取締役社長 萱原昇 以下 アグラ)は、仮想データ統合ソリューション「Agra Vシリーズ」を、9月1日より発売します。
「Agra Vシリーズ」は、データフェデレーションプラットフォーム「Agra VDF」とデータクレンジング/名寄せツール「Agra VIQ」の2つのソフトウェアで構成され、データ統合やデータクレンジングを必要とするお客様向けの導入を想定しております。
アグラが特許を取得している技術である論物3層構造(ビジネスコンセプト層、物理データ層、マッピング層)により、既存のシステムやオペレーションを変更することなく、顧客データ、人事データ、部品票(BOM)データ、各種経営指標データなどの統合、合併時のデータ包括統合など、データを高速で正確な内容で統合し移行することができます。
本ツールは、アグラがこれまでソリューションとして培ったノウハウ・チャネルを活用して販売を行います。

概要(特長)
  • 実データ統合の場合と異なり、多くのSEを起用してスクラッチで組んだり、専用のツールを使ったりする必要はございません。
  • 専用のGUIを使ったマッピングにより、専門的な知識がなくても仮想データ統合をすることができます。
  • 半角/全角統一、空白/記号の除去などの文字列のクレンジングのほか、住所の欠落補完、誤り補正、「丁番地」表記の標準化、住所・氏名の分かち書き、などができます。
価格

お客様のご要望により、個別見積となっております。

販売時期

2016年9月より販売開始

製品情報

Agra製品ページ
http://www.agra-japan.com

本件に関するお問い合わせ先
担当部署 開発部
担当 山本 信二
Email yamamoto.shinji@agra-japan.co.jp

ニュースリリースを印刷される方は、こちら(pdf 75kb)

資料請求/お問い合わせ
上へ戻る